男女

逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう

飲酒や食べ過ぎや腹圧も

看護師

逆流性食道炎は加齢や食生活が主に関連していて、胃酸の逆流が主な原因とされています。改善には食生活の見直しがすすめられ、飲酒や食べ過ぎなどを控えるようにします。治療には薬物と手術があり、胃酸の逆流を防ぐことが中心となります。

View Detail

薬を飲んで治療をする

カウンセリング

日常生活を見直す

毎日食事をしますから、少し食べすぎたりしたときに異常な状態を感じるかもしれません。多くの場合、その時に違和感を感じるくらいなので、そのまま放っておけば通常通り生活ができます。しかし、同じようなことが何度も起こるようなら問題です。胸やけなどが続くようだと、逆流性食道炎を疑う必要があります。改善のためには、まずは病院で診察を受けましょう。単なる胃痛ではないので、自己流の治療方法では対処できないためです。逆流性食道炎を改善する基本的な治療方法としては投薬になります。胃酸を抑える薬などが処方されます。これによって、食道部分に胃酸が逆流しにくくなります。逆流がなくなれば、食道部分の炎症も収まってきます。薬でも改善しない逆流性食道炎の場合には、改善のために手術が必要になることがあります。食道と胃はつながっていますが、常に出入りが自由なわけではありません。巾着状になっていて、胃から逆流しにくいようになっています。その巾着部分がうまく機能していない場合は、手術で改善することになります。検査などを受けたうえで、必要な手術を受ける必要があります。逆流性食道炎を改善するために手術を受けるのはまれです。診断を受けた時には、まずは薬を飲んで症状が治まるのを待ちましょう。そして、それ以降は日常生活を見直すようにします。食生活であったり、その他の生活が原因になっていることがあります。食べすぎ、早食い、飲酒やたばこを控えるなどが必要になります。

食道に炎症が起きる

病院

食事などをしたときに、胸やけや胃痛をすることがあるでしょう。逆流性食道炎が原因になっている可能性があります。改善をしないと、もっと悪い状態になる可能性があります。まずは病院で状態を調べてもらい、食生活の見直しなどをしましょう。

View Detail

消化器内科を訪れる

聴診器とカルテ

逆流性食道炎の改善をするならまずは、消化器内科や胃腸科で胃カメラを受けることが必要です。胃酸を抑える薬を処方してもらえば、症状が快方に向かうことも多くなります。まずは、治療しているクリニックを探すことが大切です。

View Detail

Copyright© 2017 逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう All Rights Reserved.