ハートを持つ人

逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう

飲酒や食べ過ぎや腹圧も

看護師

胃酸の逆流予防がポイント

逆流性食道炎の原因は様々で、加齢によって引き起こされるものもあれば食生活が原因など、どの世代でも起こることがあります。また、他の要因で起こっていることもあり、まずは原因を調べることが改善の手掛かりになります。加齢や他の要因では、食道の締まりが悪くなって胃酸などが逆流した逆流性食道炎があります。胃が食道側に押し出されていて、ヘルニア状になっていることがあります。食生活が原因の場合は、飲酒や脂肪分の摂り過ぎ、食べ過ぎや肥満などがあります。飲酒や脂肪分の摂り過ぎの場合は、胃酸が増えたり食道の働きが弱まるなどして逆流性食道炎を引き起こします。食べ過ぎや肥満の場合は、腹圧が胃酸の逆流を招くなどが要因です。そして飲酒や食べ過ぎの場合は嘔吐することもあることから、それが原因になることもあります。似た状態に摂食障害も挙げられ、繰り返し嘔吐することで食道が何度も胃酸にさらされ、逆流性食道炎を招くことがあります。逆流性食道炎は癌との関連も指摘されていて、予防や早期の改善をすすめられています。予防は胃酸の逆流を防ぐことで、食生活の見直しが主になります。食後に前かがみになったり横にならないなど、体勢にも注意します。治療は薬物と手術の二通りの方法があります。まずは薬物が利用されることが一般的で、主に胃酸を抑えることで改善を図ります。それでも改善が見られない場合に手術が選択されることがあり、胃酸の逆流を防ぐ技術が施されることがあります。

Copyright© 2017 逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう All Rights Reserved.