ハートを持つ人

逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう

食道に炎症が起きる

病院

慢性化する前に治療

食事をすると、それは口からのど、そして食道を通って胃に行きます。胃で消化されて、腸などに送られていきます。普通に流れて行けばよいですが、違和感を感じることがあります。胸やけであったり胃痛などがあります。なぜ胸やけになるかはそれぞれの人によって異なりますが、逆流性食道炎によって起きている可能性があります。胃酸が食道に逆流することで発生する症状で、初期の段階であればすぐに改善します。胃薬などを飲んでいたらすっかり良くなった人もいるかもしれません。でも、逆流性食道炎は簡単に改善しない場合もあります。そのままにしておくと重大な病気につながることもあるので、早めに何らかの対処をしなければいけないでしょう。逆流性食道炎をそのままにしておくと起こりやすいのが、バレット食道です。食道がただれた状態で、これを改善せずに放置していると、より悪い状態になる可能性があります。ですから、逆流性食道炎の初期症状の時に改善しておく必要があります。原因としては、食事や生活が不規則なところにありそうです。食事のタイミングがばらばらであったり、お酒の飲みすぎ、タバコなどが影響することもあります。油っぽい食べ物を大量に取るのもあまりよいとは言えません。まずは病院に行って、今の状況を確認しましょう。単なる胃炎ぐらいなら、数日食事を見直す程度でいいでしょう。でも本格的に病気になっているようであれば、食事の方法などを変えるようにしてみましょう。

Copyright© 2017 逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう All Rights Reserved.