ハートを持つ人

逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう

消化器内科を訪れる

聴診器とカルテ

検査で発見可能

逆流性食道炎は、改善するために胃酸を弱める薬を使うことが一般的です。この薬は、消化器内科や胃腸科で処方してもらうことができます。種類が豊富にあるため、ひとつ合わないものがあっても自分に合う薬を探して改善することが可能です。消化器内科や胃腸科では胃カメラをしてもらうことができるため、逆流性食道炎かどうかをはっきりさせるためにはまず胃カメラを受けることが大切です。もちろん傷などが見えないケースもありますので、状況にもよります。ですが、傷がない場合には弱い薬などで対処していくことができるため、どのような状態であるのかを検査することが大切になります。逆流性食道炎は薬を使えば、大半の人は改善に向かいます。自律神経の乱れなどで一時的に胃酸がたくさん出ている場合には薬を使って改善させながら様子を見ることも可能です。逆流性食道炎の症状は胃痛や吐き気、嘔吐などさまざまなものがあります。げっぷが出るだけでも逆流性食道炎になっている可能性がありますので、不快な症状が続く場合には検査を行いましょう。もちろん比較的日本人には新しい病気のため、検査ができるクリニックを選ぶことが大切です。ホームページなどで逆流性食道炎の治療を行っているかどうか確認しておくことも大切な作業になります。できるだけ最新のもシステムや治療薬を揃えているクリニックであれば、胃カメラも痛みなくできるように鎮静剤などを使ったり工夫されているので安心です。

Copyright© 2017 逆流性食道炎を改善する方法|投薬から始めよう All Rights Reserved.